ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

県ゆかりアーティストらが楽曲 ダンス部門

2021年6月25日 8時02分

 今大会のダンス部門は初めて課題曲(希望制)を導入し、山梨県ゆかりのアーティストらが楽曲提供してくれた。ヒップホップ系やブレーク、コンテンポラリーなどジャンルはさまざま。本選審査員を務めるYOHEYさんがプロデュースするアイドルグループ「Chu-Z(チューズ)」の楽曲も新たに加わり課題曲数は13曲となった。
 パンクバンド「愛受等」の元メンバー沼崎新樹さん(甲府市出身)は「NEW」と「TREE」を制作。いずれもスローテンポが特徴的なコンテンポラリー系の楽曲だ。
 甲府市を拠点に活動し、結成24年を迎えるファンクバンド「D.O.FUNK」はアルバム「GROOVE ON」から「NIGHT CRUISING」「THE PASSION」「CAMELOT JAM Part.1」の3曲を提供。熟練された音楽に、フレッシュなダンスがどのようにマッチするか注目される。
 作曲やDJなどマルチに活躍するTsuyoshi Kawaguchiさん(中央市出身)は、今大会用に「monday」を書き下ろし。さらに今年4月リリースのアルバム「Twilight」から「No Run feat. k.i.o.k.u.&大比良瑞希」「Ride on time」を提供した。いずれもヒップホップ系の楽曲だ。
 今年3月に設立された「山梨ブレイクダンス部」の活動に関わっている秋山悠一郎さんは「Over」と「Crazy」の2曲を選手権のために制作。ブレークビーツ系の楽曲で、ブレークダンスを披露する参加者におすすめ。
 課題曲は10曲の予定だったが、新たにYOHEYさんプロデュースの「Chu-Z」の曲から「Hover Now」「HIGHER」「サマーゲイザー」の3曲も選択可能に。いずれもアップテンポでポップな曲調となっている。
 課題曲は申し込みフォームで登録後にダウンロードできる。

ダンス部門の課題曲
(1) NEW(沼崎新樹)
(2) TREE(沼崎新樹)
(3) NIGHT CRUISING(D.O.FUNK)
(4) THE PASSION(D.O.FUNK)
(5) CAMELOT JAM Part.1(D.O.FUNK)
(6) monday(Tsuyoshi Kawaguchi)
(7) No Run feat. k.i.o.k.u.&大比良瑞希(Tsuyoshi Kawaguchi)
(8) Ride on time(Tsuyoshi Kawaguchi)
(9) Over(秋山悠一郎)
(10) Crazy(秋山悠一郎)
(11) Hover Now(Chu-Z)
(12) HIGHER(Chu-Z)
(13) サマーゲイザー(Chu-Z)
※カッコ内はアーティスト・作曲者名