ホーム
最新
山梨
全国・海外
スポーツ
Eye
安心・安全情報
おくやみ・催し・人事
写真・動画
分かる・知る
山梨日日新聞社インフォメーションサイト

<13>表現するって厄介なこと?(1)

2016年2月26日
2010年最後の「ダンス白州」田んぼでの田中泯ソロダンス

2010年最後の「ダンス白州」田んぼでの田中泯ソロダンス

 立った姿勢で手足を自由に操りオドル、僕が習った踊りのことごとくは手足を拘束しない体勢での表現に終始した、つまり歩いたり走ったり、跳んだりはねたり、回ったり、と日常のカラダの動作をより装飾的にしたり、抽象的にしたりして動きの基礎を作る。この時点では踊りの動きというものは本来日常の動作が動機になって考え出されている。ところが僕達の日常の動作は速度と動きの大きさにより、あるいは中断という事態によって様子が変わってゆく。動作の意味が曖昧になったり、意味を根拠にしては動きを見続けられない、ということが踊りの動きには発生してくる。ジェスチャーとかマイムとかとは決定的な違いが踊りにはある、と言える。...